バイアグラのジェネリック薬について考えたこと

世界にはまだまだ未知の薬があります。
特にインドは、医薬品大国と呼ばれるだけあって、私たちの知らない技術力を持ち、たくさんの薬を製造、販売しているのです。
特許に関しての法律が特殊なインドの場合、オリジナル品のコピーであるジェネリック薬が簡単に作れます。
インドのジェネリック薬は特許料を払う必要がないので、オリジナル品と比べてかなり安くなるのです。
バイアグラのジェネリック薬シラグラは、バイアグラと同じシルデナフィルでできています。
この薬はバイアグラのコピーと呼んでも差し支えないもので、成分も効能も効果持続時間もほぼ同じです。
ただ、製薬会社と値段が違い、まったく別物に見えるでしょう。
価格は特に違いがあり、バイアグラが一錠2000円から1500円もするのに比べ、こちらは一錠150円から250円くらいで購入可能です。
インドの薬はかなりスペックが高いにも関わらず値段が安いので、経済的に余裕のない人でも買える気軽さがあります。
シラグラを購入するには海外医薬品の販売サイトを利用し、個人輸入をするのが一般的です。
この薬は日本では認可されておらず、クリニックで処方してもらうことができません。
個人輸入といっても、今は国内の通販サイトと同じ感覚で注文すればいいので、思ったより簡単に購入できるでしょう。
輸入に関する手続きはすべて業者さんが代行してくれますから、お客は何も心配することはありません。
医薬品の購入の際には、それぞれの薬についてかなり詳しい説明を見ることもできますし、知識を得るのも難しくないのです。
どれだけ勉強をしておくかで、その薬のデータ量が違ってきますから、できるだけサイトで勉強してから購入したほうがいいでしょう。
父の友人がインポテンツになってしまい、クリニックに行ったらバイアグラを処方されました。
確かにこれは効果があると太鼓判を押していたのですが、値段がいかんせん高すぎるので、ジェネリック薬を使うことにしたそうです。
彼が選んだのがシラグラで、使ってみたらバイアグラとほぼ同じ勃起不全解消効果が得られたと喜んでいました。
この薬はかなり副作用も強いのですが、彼は体質からそんなに気にならなかったようです。
ED治療薬を飲む場合、どんなタイプを飲むかでかなり印象は変わってきます。
バイアグラ系、レビトラ系、シアリス系の違いはネットでも明らかにされているので、比較検討してみるのも面白いでしょう。
飲み方にも注意があるのがバイアグラ系ED治療薬の特徴です。
シラグラは食事を取らない状態で服用するのが望ましく、食後に服用するとシルデナフィルの吸収率が格段に衰えてしまいます。
そのため、空腹状態か食前30分前に服用するのがベストです。
また、お酒を摂取するとどんな薬もかなり効果が薄れるので、飲酒は基本的にNGと見ていいでしょう。
いろいろな制約はありますが、この薬が優秀なED治療薬な事実に変わりはありません。
用法、用量を守って正しく使いましょう。